"昔あった「電話代行業」とかの仕事は少し胡散臭い感じがしてイメージがあまりよくなかったですよね。

でも最近は「コールセンター」という触手がきちんと確立をしています。

これだって「バーチャルオフィス」なのです。

友人がコールセンターに努めているのですが、
通販などの注文を受注しているのだそう。
私なんかは通販で電話をすると、てっきりその会社に電話がつながっている物と思っていたのですが今はそんな時代ではないのですね。

確かに本社といってもその住所に大きな建物を構える時代ではなくなっているのかもしれません。
マンションの一室の机の上が本社。
そんなことだって実際にはあるのですから。

それを実態のない会社・・・とは言えなくなっていると思うのですね。

会社の機能じたいが机ひとつと電話とネット環境で十分にまかなえる仕事もたくさんありますもんね。

何かで聞いた話によると営業員さんすらも、雇う事ができ、地方に居ながらにして首都圏で新規開拓事業を行う
営業活動をする代行会社もあるみたいです。

会社というものは「一から十まで」整っていないといけないという決まりはない。

バーチャルオフィスにそんなものを感じました。"


Copyright © 住宅ローンアドバイザーのブログ. All rights reserved