HOME > 賃貸住宅でもOK!

賃貸住宅でもOK!

省エネ効果の高い素材を使った窓や床、外壁といった箇所の改修工事に対して、所定の条件さえ満たせば発行される住宅エコポイント。同じリフォームを行なうのであれば、断熱性の高い省エネ素材を利用して、住宅エコポイントを発行してもらえる期間に工事をすればとってもオトクで快適な生活が楽しめると思いませんか?

「でもうちは賃貸住宅を貸している立場だから、住宅エコポイントとはまったく縁がないわ」と思われたあなた。じつは賃貸住宅であっても、改修工事が所定の条件を満たせば住宅エコポイントが発行されるんですよ!

賃貸住宅のオーナーさんの場合、貸している建物を一定期間ごとにメンテナンスするのは必要不可欠なこと。ある程度、設備が整って外観もキレイでないと、築年数が経つほどに借り手がつきにくくなってしまうものですよね。そろそろ改修の必要があるかなぁと思われたオーナーさんがいらっしゃるなら、住宅エコポイントを発行してもらえる今こそが、その改修のチャンスかもしれませんよ!

住宅エコポイントは、外壁や床・窓といった部分の改修工事の際に、省エネ効果の高い規定の素材を利用することで発行してもらうことができます。つまりエコリフォームの要件を満たせば、一戸あたり30万ポイントを上限として住宅エコポイントを発行してもらうことができるんです。それならば、住宅エコポイントを発行してもらえる期間に、省エネ効果の高い素材を使って賃貸住宅の改修をするほうがオトクですよね!

省エネ効果の高い窓や外壁を賃貸住宅に使用することは、入居者の光熱費節約につながることから、大きなアピールポイントにすることができるはず。賃貸住宅の改修をお考えのオーナーの皆さん。この機会に工事を前向きに検討されてはいかがでしょうか。