HOME > 申請の流れを解説

申請の流れを解説

高い省エネ効果を持つ資材などを使った住宅を新築したり、エコリフォームをおこなった際に発行される住宅エコポイント。この住宅エコポイントを発行してもらうためには、どのような申請手続きが必要になっているのでしょうか。住宅エコポイント申請の流れがどのようになっているのか、確認しておきましょう。

住宅エコポイントを発行してもらうためには、エコポイントの発行対象期間内に新築やリフォームなどの工事が着工していなければなりません。工事の完了後、住宅の所有者がポイントの発行・交換申請手続きをとらなければポイントは発行されません。また外壁、屋根・天井または床の断熱改修工事を行なう場合には、施工中の写真も必要になりますのでお忘れなく。

ここまで確認できたら、次に工事が行なわれたことを証明する書類を準備し、「住宅エコポイント発行・交換申請書」に必要事項を記入します。この際に交換したい商品もいっしょに記入し、最後に申請書の署名欄にサインをすれば書類は完成です。

申請書と添付書類の準備が整ったら、事務局へ郵送するか全国の申請窓口に持参するか、どちらかの方法で申請書類を提出します。書類が事務局に到着後、審査を経てポイントが発行されます。ポイントが発行されると申請者あてにポイント発行通知ハガキが届くので、かならず内容を確認するようにしましょう。

以上が住宅エコポイントの申請から発行までの大まかな流れですが、こうした手続きは工事施工者などによる代理申請もできるようになっています。工事の際には施工業者と申請をどのように行なうのか、確認をしておいたほうがよいかもしれませんね。