HOME > 窓の断熱改修工事で使う

窓の断熱改修工事で使う

冬の寒い朝、起きてカーテンを開けてみると、窓にはびっしりと結露が!また夏の暑い日は、カーテンをしめてエアコンをかけても、日差しがきつくて一向に室内が冷えない。こんな悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?築年数がそう古いわけでもないし、間取りなどもリフォームを考えるほどではないけれど、もう少し室内の暑さ・寒さを何とかしたい。そうお考えのあなた、窓の断熱改修工事をしてはいかがでしょうか。

省エネ素材をリフォームなどの工事に利用することで発行される住宅エコポイント。発行されたポイントが商品券をはじめとするさまざまな商品やサービスと交換できることから、最近何かと話題になっているこの住宅エコポイントですが、じつはこのポイントは窓のみの改修工事でも発行されるということ、あなたはご存知でしょうか。

ポイント発行対象となるのは、内窓の設置・外窓の交換・ガラスの交換の3つのタイプの窓のエコリフォーム。工事内容は、内窓のリフォームは既存の窓の内側に新たな窓を設置するもの。外窓の交換は既存の窓を取り除いて、新たな窓に交換するもの。ガラス交換は既存の窓を利用して、ガラスのみを複層ガラスに交換するというものです。

いずれの工事もサッシとガラスの組合せが次世代省エネルギー基準(平成11年度基準)に適合することが条件となっていて、発行されるポイント数も窓の大きさや改修方法と施工箇所数などによって差があります。

住宅エコポイント発行のためには、工事証明書や施工箇所の写真などといった書類を用意して申請する必要がありますが、断熱性の高い素材を使ったリフォームで自宅が快適になる上に、ポイントがもらえるなんてうれしいことづくめですよね!もう少し断熱効果を高めた家にしたい、そうお考えの方は、住宅エコポイントがもらえる期間中に、窓の断熱改修工事をしてみてはいかがでしょうか。