HOME > リフォーム減税について

リフォーム減税について

これからローンを組んで自宅などのリフォームをしようとお考えのみなさん。みなさんは住宅エコポイントについてご存知でしょうか?住宅エコポイントは、高い省エネ効果を持つ製品を使用してエコリフォームを行なった人や、住宅を新築した人を対象として発行されるもの。商品券をはじめとするさまざまな商品やサービスなどと交換できることから、とてもオトクな制度として注目を集めているものなんです。

「だけど、うちはリフォーム減税を受けるから、住宅エコポイントまではもらえないんでしょ?」と思われたみなさん。じつはこの住宅エコポイントは、リフォーム減税と組み合わせて利用することができるんですよ!この二つを組み合わせることで、とてもオトクにリフォームをおこなうことが可能になるんです。

ローンを組んだリフォーム減税の場合、リフォーム工事にかかる住宅ローンの年末残高を対象として、特定の省エネ改修工事にかかる工事費相当部分の2%が、またそれ以外の工事費相当部分の1%が5年間にわたって減税されることになっていて、控除対象限度額は特定の省エネ改修工事の場合は200万円、それ以外の工事と合わせると1,000万円と規定されています。そのほかにも、省エネ改修工事費用が30万円を超えるもので、省エネ改修工事を行った者が自ら所有し居住する住宅であること、というような適用条件はあるものの、こうした減税を受けられるうえに住宅エコポイントまでもらえるなら、かなりオトクですよね!

これからローンを組んでリフォームをお考えのみなさん。リフォームに規定の省エネ素材を上手に利用して、減税とエコポイントを組み合わせたオトクなリフォームをされてはいかがでしょうか!